はるみの「ちょっとひと言」

ホーム > はるみの「ちょっとひと言」 > No.03 成人の日

はるみ知事エッセー[No.03]

成人の日

 「しんしんと降り積もる雪・・・」
 「一面の銀世界・・・」
 そんなロマンチックな気分も吹っ飛んでしまうほどの大雪の日が続きました。

 新潟県など日本海側の各地ではいまだに大雪が続いており、雪崩の危険による国道の通行止めなど、ライフラインにも影響が出ています。
 道内でも、屋根の雪下ろし中の転落事故で亡くなるなど痛ましい事故が発生しています。
 皆さん、除排雪の作業や歩行中の落氷雪には、十分注意していただきたいと思います。

 さて、そんな大雪の中、先日、成人式に向かうと思われる若い振り袖姿の女性の方々をお見かけしました。降りしきる雪の中でしたが、皆さん晴々とした笑顔で、楽しそうに歩いていらっしゃる姿が印象的でした。 
この時期になると、毎年のように、テレビなどでは成人式に出席した若者たちが騒いだり、暴れたりといったニュースを報じています。
 今年も、目上の人の話を聞かず、トラブルを起こしている若者たちの姿を映し出していました。
 でも、こうした若者たちは、ほんのごく一部で、若者たちの多くは、まじめで素直な青年たちであると思っています。これまでお会いした若者たちも本当にキラキラと輝いていました。
 そんな若者たちは、北海道と似ています。
 北海道の広い大地と素材の豊かさ。そんな北海道も若者の皆さんも、計り知れない潜在力と可能性を秘めています。
 どうか、若者の皆さん。皆さんの持つ潜在力と可能性を存分に発揮してください。素敵な夢を持ち、未来へ、そして世界へ、しっかりと前を見て歩んでください。

(平成18年1月12日)

このページの先頭へ