はるみの「ちょっとひと言」

ホーム > はるみの「ちょっとひと言」 > No.06 素敵な若者たち

はるみ知事エッセー[No.06]

素敵な若者たち

写真:石狩市若葉小学校生徒(30人31脚優勝報告) このところ、めっきりと春らしくなってきました。
知事公館の木々たちも柔らかな陽差しを受け、長い冬の眠りから目を覚まし、まるで春の空に向かって大きく伸びを始めたかのように見えます。
 そしてこの時期は卒業シーズン。大勢の若者たちが進学、そして就職へと、期待に胸を膨らませながら、さまざまな旅立ちを迎えていることでしょう。

 この一年、素敵な若者たちとお会いする機会がたくさんありました。そんな時に感じることは、お会いした若い人たちは、皆さんとてもキラキラと輝いていたことです。

 先行きの見えない不透明な時代が続く中、夢や希望を抱き続けることの難しい時代なのかもしれません。
でも、お会いした皆さんは、とてもいきいきと自分たちの夢を語っておられました。

 何事にも恐れず、粘り強く、逞しく生きてほしいものです。そして、卒業される皆さんは、友達と別れ別れになっても、仲間と培ったチームワークを忘れず、一生懸命がんばってもらいたいものです。

写真:ニセコ高等学校の生徒たちから白樺人形をいただきました 「私たちの未来は、こんなに素晴らしいんだ」。そんな夢を常に持ち続けてほしいものです。そして、その実現のための努力を惜しまないでください。
 皆さん、素敵な大人になってください。

(平成18年3月30日)

このページの先頭へ