はるみの「ちょっとひと言」

ホーム > はるみの「ちょっとひと言」 > No.57 【もうすぐ春ですね】

はるみ知事エッセー[No.57]

【もうすぐ春ですね】

 先日、公邸の窓から二匹の息子たち(愛犬ですよ)と一緒に庭の様子を見ていたところ、何やら茶色い物体が木の陰からもの凄いスピードで飛び出してきました。

 息子たちもびっくりした様子で、しばらく興奮して吠えていましたが、次第に落ち着きを取り戻し、近くの白樺の木をジッと見つめています。

 何だろうとその視線の先を見てみると、先ほどの茶色い物体が白樺の木をするすると登っているではありませんか。よく見てみると、とても可愛らしいエゾリスさんなんです。

 知事公館の職員さんから園内にエゾリスが生息していることは聞いておりましたが、10年以上ここで生活している中で、こうしてリスを間近で見たのは初めてです。
 まだまだ寒さが続く中でも、このリスさんは元気いっぱいでした。

写真:知事公館の様子 そんな知事公館ですが、庭先にはまだまだ銀世界が広がっています。でも、このところのポカポカ陽気で木々を覆ってきた雪もとけ始め、園内をほんのりと漂う樹皮の独特の香りが春の訪れを知らせてくれます。もうすぐ春ですねぇ(^^)

 皆さんも機会があれば、春を感じさせる知事公館に足を伸ばしてください。リスさんに出会えるかもしれませんよ。

 話は変わりますが、先日、ニッカウヰスキー創業者・竹鶴政孝さんと英国人妻リタさん夫婦の奮闘記を描いた、今秋のNHK連続ドラマ小説「マッサン」の主役夫婦を演じる出演者が発表され、大きな話題となりました。

 昭和の激動期に、多くの困難を乗り越えながら、世界が称賛するウィスキーを創り上げた竹鶴夫妻の偉業については、私もかねてから尊敬の念を抱き、平成22年の道政執行方針のむすびにそのご功績を引用させていただきました。そんなこともあり、今回の放送決定を本当に嬉しく思います。

 放送は9月末からとのこと。舞台となる余市町や北海道の素晴らしい風景とともに、夢に向かって果敢にチャレンジする竹鶴夫妻のご様子がふんだんに描かれると思います。果たしてどんなドラマになるのか、今からとても楽しみです。

(平成26年03月25日)

このページの先頭へ