はるみの「ちょっとひと言」

ホーム > はるみの「ちょっとひと言」 > No.65 【マラソンの特等席】

はるみ知事エッセー[No.65]

【マラソンの特等席】

 今年の8月・9月は、台風と大雨が甚大な被害を全道各地にもたらしました。河川氾濫や土砂災害などにより、収穫間近の多くの農作物が被害を受け、橋や道路、鉄道が多くの箇所で寸断されました。海では養殖施設に被害が生じ、山では多くの木々がなぎ倒され、そして、何よりも残念なことに、幾人もの尊い命が失われてしまいました。一日も早い復旧に全力をあげるとともに、改めて災害に強い北海道をつくりあげなければと決意を強くしています。

 今回のエッセーでは、マラソンのことに触れたいと思います。
 実は、私、マラソン好きです。もちろん、観ることがですよ。マラソン大会を観ることができる場所の中で、実は一つの大会で一人しか味わうことができない特別の場所があります。それは、スターターの場所です。

 今年は、第3回を迎えた奥尻ムーンライトマラソン、初めてフルマラソンを開催した函館マラソン、記念すべき第30回北海道マラソンと、3回もスターターを務めさせていただきました。1分1秒を争うトップランナーの緊張した横顔や、走ることが楽しくてたまらない多くの人の笑顔が、私のまさに目の前を通っていきます。何だか私も緊張したり、楽しくなったりしてしまいます。今年の北海道のマラソンシーズンも終盤を迎えています。ランナーの皆さん、がんばれ!

 スポーツといえば、今年はリオのオリンピック、パラリンピックも忘れられません。メダルをとったオリンピック卓球の丹羽選手、柔道の山部選手、パラリンピック陸上の辻選手、自転車の藤田選手、ウィルチェアラグビーの池崎選手はもちろんですが、多くの道産子選手がたくさんの感動をもたらしてくれました。4年後の2020年は、いよいよ東京の番です。テレビの映像だけでなく、目前で世界のトップアスリートの躍動を見ることができる絶好の機会です。本当に楽しみですね。
その晴れ舞台での活躍を目指して、道産子アスリートの皆さん、がんばれ!

 そして、今年はプロスポーツの世界もすごい。10年ぶりに日本ハムファイターズが日本一になりました。北海道コンサドーレ札幌もJ2で優勝目前です。レバンガ北海道もいよいよ始まったBリーグでがんばっています。ファイターズとコンサドーレに続くことができるよう、レバンガの皆さん、ガンバレ!

(平成28年11月01日)

このページの先頭へ